[起点]

最終更新:令和元年9月9日

更新情報> 路線別資料「沼宮内線・小鳥谷線・平庭高原線」を公開
 

 
あんみつ坊主の愚言 

 TBS系「サンデーモーニング」に出演されている青木理さんという方がおかしなことを仰ったようです。
 (最近、文政権への疑問を呈する声が韓国内でも出てきたと前置きしつつも、)韓国が「これまで反日一色だった」と青木さん自ら語っています。そうですよね。そのように見えます。
 翻って日本については、「ほぼ韓国批判一色」(さらに「それどころか・・・」と続きます)と述べられています。ぼーっと視聴していると、今はまるで日本の方が世論が偏っているようにも聞こえます。
 でも、日本では青木さんのような中立なのか韓国の肩を持っているのかわからない論調の識者もテレビ番組で継続的に堂々と発言できています。韓国ではごく一部の理性的な研究者が日本の見解に近い真実を発表しただけで、批判だけでなく相当の嫌がらせを受けるそうではありませんか。だとすれば、偏っているのはどちらでしょう?
 確かに日本からも韓国批判の声は多数発せられていますが、多くは正論です。二国間の合意を踏まえずに独善的なことを言う国を事実に基づいて批判するのはいけないのでしょうか。竹島を不法に占拠し、政治利用までする国を批判してはいけないのでしょうか。自衛隊機に射撃レーダーを照射しておきながら、屁理屈を並べ立てて言い逃れる国を批判してはいけないのでしょうか。感情むき出しでけしかけてくる相手に、わずかな感情表現をすることも許されないのでしょうか。
 私も日韓関係は改善されるべきと考えますが、だからといって道理の通らない要求に日本が譲歩するのは反対です。侮辱されて黙っているのももう御免です。
 感情に流されて言葉が過ぎる日本国内の一部の人や、それを煽るような記事を載せる出版物を非難するなら、韓国側の同様な発言・行動にも同様の非難をお願いしたいものです。

(令和元年9月1日9:02配信のスポーツ報知「青木理氏、悪化する日韓関係への懸念を『サンモニ』で指摘…」を読んで)

南無大慈大悲観世音菩薩
[合掌]
 
1  緒  論 
(1) 序.国鉄バスについて  「超」概説と国鉄バスの魅力
(2) 国鉄バスの名残を求めて  国鉄民営化後に見つけた「国鉄バス」の文字

 
2  共通資料 
(1) 国鉄バス関連資料(その1)  停車場関係
(2) 国鉄自動車の称号
(3) 三菱ふそう製バスの型式

 
3  路線別資料 (切符、写真、国鉄時代の時刻表、乗車記など)
【北海道地区】
札樽線空知線・長沼線 、岩見沢線、 石狩線伊達線・羊蹄線日勝線北十勝線・南十勝線・日勝高原線 、美瑛線、 厚岸線・釧根線
【東北地区】
下北線、 十和田北線、 軽米線・八久線、 盛岡金田一急行線・田子線・十和田東線、 二戸線 、平館線、沼宮内線・小鳥谷線・平庭高原線陸中海岸線・安家線早坂高原線遠野線 、一関線、 古川線・仙台盛岡急行線角田線・小斉線・相馬海岸線 、福浪線・船福線・葛尾線、 川俣線
【信越地区】
十和田南線、 鳥海線、 小国線、 高峰高原線、 白樺高原線・和田峠北線
【関東地区】
塩原線、 白棚線・磐城南線、 磐城北線、常野線 、水都西線、南筑波線・霞ヶ浦線、水都東線・柿岡線・水戸南線、北常陸線、渋川線、 志賀草津高原線・鹿沢菅平線・浅間白根火山線、 多古線・成田空港線・山武線 、南房州線、 東京湾岸線、 東名高速線
【中部地区】
浜名線瀬戸南線・瀬戸北線・瀬戸西線天竜線・西天竜線名金線(1)名金線(2)・宝達線 、大野線・金津三国線、 米原線・琵琶湖線・柳ヶ瀬線・杉津線 、若江線・名田庄線、 奥能登線・鹿島線 、高遠線、 諏訪線・和田峠南線 、北山線、中馬線・恵那線、 名神高速線
【近畿地区】
京鶴線、 東大阪線、 亀草線・八幡線・伊賀上野線近城線紀南線熊野線・五新線 、阪本線、 園篠線園福線 、中国高速線
【中国地区】
両備線、 美伯線、 雲芸線・大田線 、雲芸南線、 安芸線、 西条線、 広浜線、 岩益線・坂上線、 光線、 防長線 、秋吉線、 川本線・川本北線大島線
【四国地区】
西讃線、 川池線、  松山高知急行線南予線 、阿波線、 大栃線、 窪川線
【九州地区】
直方線、 山鹿線、 北薩線・加治木線国分線山川線 、嬉野線、 佐賀関線・臼三線、 宮林線、 都城線、 日肥線

 
4  調査短信 
*No.1 現存する旧・近江土山駅舎 (平成12年9月27日 「国鉄バスの小部屋」にて公開開始、平成15年9月30日更新)
*No.2 国鉄トラック路線の痕跡(国鉄自動車北山線信濃玉川駅建物ほか) (平成14年10月20日 再編第1版公開)
*No.3 国鉄バスのセット回数乗車券 (平成14年10月20日 第1版公開)

 
5   リンク 
(1) 国鉄自動車関係リンク
(2) 当資料館にご協力いただいている方へのリンク

 
6  管理事務室 

(1) 管理人自己紹介  管理者連絡先は管理人自己紹介ページに表示してあります。
(2) 更新記録  (小さな修正は省略)
(3) 燕歌集  つまらないものです。
(4) 愚言録(第1巻)(第2巻) 愚かなる仏弟子の戯言記録

※平成31年は仏暦2562年、皇紀2679年、基督暦2019年

 

 当館では矢作陽子さんの作品(アイコン)を使用させていただいております。